安いの?決済代行に掛かるコスト

決済代行サービスの役割とは?

決済を取り巻く環境は、キャッシュレスの浸透や外国人観光客の増加等に伴い、多種多様なデバイスやツールが出ています。決済をするお客様にとっては支払いに関わる選択肢が増えることで利便性が高まり、購買意欲を削がれることがありません。一方で、事業者にとっては決済ツールが増える分、細かな事務処理が多くなるため従業員等に負担がかかります。主要な決済ツールとしてクレジットカード、口座振替、携帯電話事業者等によるキャリア決済、電子マネー等があります。決済代行サービスでは、決済代行会社が事業者に代わり、各決済会社と包括的な代理契約を締結します。その上で、決済代行会社が個々の決済ツールに対応したシステムを用いて、決済業務を代行します。

決済代行サービスを導入するメリット

仮に決済代行サービスを利用しないで自社で各決済に対応する場合は、事業者が各カードブランド会社と契約を行う必要があります。また、個々のシステムで売り上げ作業や出入金管理の業務も生じます。更に、セキュリティ面から常にデータのバックアップやシステムのアップデート等が必要のため、システムの開発経費を継続的に見込んでおく必要があります。 その反面、決済代行では導入にかかる決済端末等のコスト、毎月発生するサービス利用料及び最低手数料、トランザクション処理料、決済手数料(取り消し決済手数料含む)が主な必要経費として挙げられます。煩雑な事務処理やシステム管理等が不要となるため、人手も無駄な時間も割く必要がなく事業コストが削減できます。尚、決済代行を行う会社では、クレジットカードのブランドの取り扱いに差は殆どありませんが、各種手数料、入金サイクルの差異、Alipayや銀聯等の対応の可否に違いがあるので注意が必要です。